住宅ローン借り換えのタイミングは

お金を考える老夫婦

住宅ローンの借り換えのタイミング、相談してもよくわからず、困っていませんか。

この記事では、そのタイミングについて、3つの条件を紹介したいと思います。この条件に、ひとつでも当てはまっている人は、検討の価値大いにありです!

 

その1 金利差

まず、目安のひとつとして言われているのは、現在利用しているローンとの金利差が1%以上という条件です。

金利差があまりないものに借り換えをしても、ほとんどメリットがありません。

むしろ借り換えに伴う手数料や登記料など諸費用がかかってしまいます。

住宅ローンは長期にわたって支払い続けるものですから、数パーセント、あるいは1パーセントの違いでも、総額がだいぶ変わってきます。
 

その2 返済期間

返済期間が10年以上ある場合も借り換えのタイミングとしてよいでしょう。

10年をきると、金利や返済額によっては借り換えをすると損してしまう場合も。

でも10年以上ある場合には、毎月の返済額に2万円から3万円の差が出ることもあるので、ぜひぜひ検討してみることをお勧めします。

月々で3万円違えば、年間で36万。

これが20年だったら720 万円も違ってくるんですよ! これはかなり大きくないですか?

 

その3 返済額

さらに借り換えるとよいケースとしては、住宅ローンの返済残額が1000万円以上ある場合です。

先述の通り、借り換えにはコストがかかりますので、あまり残額が多くない場合は、借り換えの手数料がかなり高くついてしまうことも。

でも1,000万以上あれば、あまり問題ないようです。

 

まとめると、下記の条件に1つでも当てはまる場合は、借り換えの価値ありということです。

  1. 金利差が1%以上
  2. 返済期間が10年以上残っている
  3. 返済額が1,000万円以上ある

では、具体的な、借り換え先の選び方について、つづいて紹介します。

 

比較して相談できるから、返済額が安い!

金融機関によって、最終的な総返済額は違います。どうせ借り換えするなら、いちばん少ない額にしたいですよね。

それには、比較は必須です。

ただし、住宅ローンの審査申し込みは、100項目を超える個人情報を記入する必要があります。ですので、ふたつの銀行を比較しようとしただけで、2,3時間を費やすことになってしまいます。

そこで、利用したいのが、住宅ローン一括サイト

このサービスは、大手の住宅ローンの借入条件をまとめて審査・比較ができる無料サービスです。

複数の銀行のシミュレーションを比較できるので、総返済額がいちばん少ないところもカンタンにわかります。

しかも、新規ではなく、借り換えを検討している人専用で対応してくれるので、タイミングが不安な人もばっちり!

 

一括サイト

 

とりあえず、シミュレーションだけしたいという人もぜひ!

 

住宅ローン一括サイトはこちら

 

参加しているのは、みずほ銀行、住信SBIネット銀行などの大手から、各地域の地方銀行まで、住宅ローンで安心の大手が揃っていて、これらを無料で審査。

今の住宅ローンでは損をしているかもしれないと不安な人、変えるタイミングを迷っている人はぜひ使ってみてください! そして、色々シミュレーションして、借り換え考えてみて下さい。

 
 

住宅ローン借り換えセンターでの相談について

住宅ローンを減らせれば毎月の家計がだいぶラクになるのではないでしょうか。ローンの残高を減らすための方法として「住宅ローンの借り換え」が考えられます。例えばローンの残高が1000万円以上ある人、あるいはローンの残期間が10年以上ある人、10年以上前にフラット35で契約した人などは、ローンを借り換える事で残高を減らせる可能性が高いそうです。金利の安いプランに切り替える事で、数百万も違ってくることもあるのです。これはぜひ一度、プロに詳しく相談したいところですよね!

「住宅ローン借り換えセンター」では、ネットではわからない「現場」の最新金利情報を把握し、20以上の銀行を複数比較した上で、最も安い金利を引き出してくれます。また、借り換えについては様々な費用がかかります。当然「住宅ローン借り換えセンター」に依頼した場合も費用がかかるのは仕方がないのですが、ある程度まとまった出費、覚悟しなければなりません。が、銀行によっては、諸費用ローンとして借り換えにかかる費用部分をローンに上乗せすることで、自己資金が0円となるところもあります(金融機関によります)。とりあえず手持ちの現金がないというときには心強いですよね。

また、面倒な手続きを代行してくれるので、とても便利です。住宅ローン、借り換えを検討しているあなた、一度「住宅ローン借り換えセンター」に相談してみて下さい!

住宅ローン借り換えの注意点

家計の収支で見直したらよいものとしては、保険、そして住宅ローン。これはかなり割合として大きいですよね。住宅ローンそのものの返済額は月々の収支の中でそれほど大きくなかったとしても、返済期間が長いので、利息の支払いが減ればかなり収支を改善することが出来ます。そこで考えられる方法はローンの借り換え。近頃はローン金利の引き下げなど、各金融機関実施しています。とはいえ、金利の低いローンに借り換えればよい!というわけではないので、注意して下さい。

どうしてかというと、借り換えには手数料が結構かかるのです。そこを見落とすと、損をしてしまうことも。また、住宅ローンを借り換える目的をはっきりさせることもポイントです。例えば当面の返済負担を少し軽くしたいというのだったら、金利タイプを全期間固定型から短期固定型に変えるとよいでしょう。ただ、金利が上昇すると、結果として総返済額が増えてしまうというリスクもあります。当面のことだけでなく、将来のことも見据えたいみのです。

また、総返済額を減らしたいのだったら、同じ金利タイプで金利の低いものを選ぶとよいです。ただそんなうまい条件のローンはなかなかないかもしれません。短期固定型、あるいは変動型のローンを組んでいる場合、金利上昇のリスクを回避したいなとおもったら、全期間固定型への借り換えというのもあります。が、当面の適用金利があがり、毎月の返済額が上がる可能性があります。家計にあったローンをしっかり選びましょう。

ちなみに、引越しする場合にも家計のことを考えて、安いプランをここでご紹介。それがクロネコヤマト。せっかく、金利を抑えたのに、引越し料金が高くては残念ですね。

こちらのサイトで紹介されている通り、宅急便で有名なヤマトは引越しも請け負っています。さらには、複数社で競争させれば、かなりお得になるよう…。もし、引越しを検討している人がいれば、利用してみてはいかが?

住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

住宅ローンの借り換えのメリットは、借り換え前の金利より、低い金利のものを選ぶ事によって、総返済額を軽減することができることだといえます。住宅ローンは長期にわたって返済するものですよね。ですから、月々の支払額にそれほど差がなかったとしても、数パーセントの金利の差があるだけで、支払い総額で考えるとかなり変わってきます。借り換えをすることで支払額がどれだけ削減できるかというところがポイントです。

逆に住宅ローンの借り換えのデメリットとしては、住宅ローンの借り換えをすることで各種手数料が再度発生するということです。契約書の印紙代や事務取扱い手数料、保証料や登記費用など、馬鹿できないほどの費用が発生します。コストもそうですが、手間も結構かかります。これを見込んでも、住宅ローンを借り換えすることがメリットになるのか、コストは相殺できるのかということも考えてみる事が大事です。

また、住宅ローンは常に変動するので、借り換えのタイミング、いつがベストなのかは見極めるのは難しいでしょう。まめに金利をチェックして、住宅ローンを借り換える事が「よかったな!」と思える、つまり「メリット」になるようにしたいものですね。