住宅ローン借り換えのタイミングは

お金を考える老夫婦

住宅ローンの借り換えのタイミング、相談してもよくわからず、困っていませんか。

この記事では、そのタイミングについて、3つの条件を紹介したいと思います。この条件に、ひとつでも当てはまっている人は、検討の価値大いにありです!

 

その1 金利差

まず、目安のひとつとして言われているのは、現在利用しているローンとの金利差が1%以上という条件です。

金利差があまりないものに借り換えをしても、ほとんどメリットがありません。

むしろ借り換えに伴う手数料や登記料など諸費用がかかってしまいます。

住宅ローンは長期にわたって支払い続けるものですから、数パーセント、あるいは1パーセントの違いでも、総額がだいぶ変わってきます。
 

その2 返済期間

返済期間が10年以上ある場合も借り換えのタイミングとしてよいでしょう。

10年をきると、金利や返済額によっては借り換えをすると損してしまう場合も。

でも10年以上ある場合には、毎月の返済額に2万円から3万円の差が出ることもあるので、ぜひぜひ検討してみることをお勧めします。

月々で3万円違えば、年間で36万。

これが20年だったら720 万円も違ってくるんですよ! これはかなり大きくないですか?

 

その3 返済額

さらに借り換えるとよいケースとしては、住宅ローンの返済残額が1000万円以上ある場合です。

先述の通り、借り換えにはコストがかかりますので、あまり残額が多くない場合は、借り換えの手数料がかなり高くついてしまうことも。

でも1,000万以上あれば、あまり問題ないようです。

 

まとめると、下記の条件に1つでも当てはまる場合は、借り換えの価値ありということです。

  1. 金利差が1%以上
  2. 返済期間が10年以上残っている
  3. 返済額が1,000万円以上ある

では、具体的な、借り換え先の選び方について、つづいて紹介します。

 

比較して相談できるから、返済額が安い!

金融機関によって、最終的な総返済額は違います。どうせ借り換えするなら、いちばん少ない額にしたいですよね。

それには、比較は必須です。

ただし、住宅ローンの審査申し込みは、100項目を超える個人情報を記入する必要があります。ですので、ふたつの銀行を比較しようとしただけで、2,3時間を費やすことになってしまいます。

そこで、利用したいのが、住宅ローン一括サイト

このサービスは、大手の住宅ローンの借入条件をまとめて審査・比較ができる無料サービスです。

複数の銀行のシミュレーションを比較できるので、総返済額がいちばん少ないところもカンタンにわかります。

しかも、新規ではなく、借り換えを検討している人専用で対応してくれるので、タイミングが不安な人もばっちり!

 

一括サイト

 

とりあえず、シミュレーションだけしたいという人もぜひ!

 

住宅ローン一括サイトはこちら

 

参加しているのは、みずほ銀行、住信SBIネット銀行などの大手から、各地域の地方銀行まで、住宅ローンで安心の大手が揃っていて、これらを無料で審査。

今の住宅ローンでは損をしているかもしれないと不安な人、変えるタイミングを迷っている人はぜひ使ってみてください! そして、色々シミュレーションして、借り換え考えてみて下さい。