住宅ローン借り換えのメリットとデメリット

住宅ローンの借り換えのメリットは、借り換え前の金利より、低い金利のものを選ぶ事によって、総返済額を軽減することができることだといえます。住宅ローンは長期にわたって返済するものですよね。ですから、月々の支払額にそれほど差がなかったとしても、数パーセントの金利の差があるだけで、支払い総額で考えるとかなり変わってきます。借り換えをすることで支払額がどれだけ削減できるかというところがポイントです。

逆に住宅ローンの借り換えのデメリットとしては、住宅ローンの借り換えをすることで各種手数料が再度発生するということです。契約書の印紙代や事務取扱い手数料、保証料や登記費用など、馬鹿できないほどの費用が発生します。コストもそうですが、手間も結構かかります。これを見込んでも、住宅ローンを借り換えすることがメリットになるのか、コストは相殺できるのかということも考えてみる事が大事です。

また、住宅ローンは常に変動するので、借り換えのタイミング、いつがベストなのかは見極めるのは難しいでしょう。まめに金利をチェックして、住宅ローンを借り換える事が「よかったな!」と思える、つまり「メリット」になるようにしたいものですね。