住宅ローン借り換えの注意点

家計の収支で見直したらよいものとしては、保険、そして住宅ローン。これはかなり割合として大きいですよね。住宅ローンそのものの返済額は月々の収支の中でそれほど大きくなかったとしても、返済期間が長いので、利息の支払いが減ればかなり収支を改善することが出来ます。そこで考えられる方法はローンの借り換え。近頃はローン金利の引き下げなど、各金融機関実施しています。とはいえ、金利の低いローンに借り換えればよい!というわけではないので、注意して下さい。

どうしてかというと、借り換えには手数料が結構かかるのです。そこを見落とすと、損をしてしまうことも。また、住宅ローンを借り換える目的をはっきりさせることもポイントです。例えば当面の返済負担を少し軽くしたいというのだったら、金利タイプを全期間固定型から短期固定型に変えるとよいでしょう。ただ、金利が上昇すると、結果として総返済額が増えてしまうというリスクもあります。当面のことだけでなく、将来のことも見据えたいみのです。

また、総返済額を減らしたいのだったら、同じ金利タイプで金利の低いものを選ぶとよいです。ただそんなうまい条件のローンはなかなかないかもしれません。短期固定型、あるいは変動型のローンを組んでいる場合、金利上昇のリスクを回避したいなとおもったら、全期間固定型への借り換えというのもあります。が、当面の適用金利があがり、毎月の返済額が上がる可能性があります。家計にあったローンをしっかり選びましょう。

ちなみに、引越しする場合にも家計のことを考えて、安いプランをここでご紹介。それがクロネコヤマト。せっかく、金利を抑えたのに、引越し料金が高くては残念ですね。

こちらのサイトで紹介されている通り、宅急便で有名なヤマトは引越しも請け負っています。さらには、複数社で競争させれば、かなりお得になるよう…。もし、引越しを検討している人がいれば、利用してみてはいかが?